理想の化粧品

私は化粧品選びに対してはとても慎重です。なぜなら、昔、化粧品でかぶれたことがあるからです。美しくなるための化粧品で、自分が醜くなるとは!とても悔しく、一体この化粧品は何でできているのかと疑念を抱きました。わたしがかなりの敏感肌なのかもしれませんが、ショックでした。

 

それからというもの私は、安心、安全な化粧品を探し求め続けました。すると、社長が最終的に仕上がった化粧品を飲んで安全を確認しているというメーカーに出会いました。もちろん天然由来成分でつくっており、無添加です。安心して顔にぬれて、しかも赤ちゃんがなめても安心というのが嬉かったです。

 

そのほかにも、ドイツのメーカーにおしゃれなデザインで、かつ安全なメーカーも見つけました。

 

オルビスのキャンペーンはこちらです。

 

また、アロマの精油入りの化粧品にもひかれます。やはり、自然界にあるものは昔から人間がずっと接してきたものなので安心です。石油や化学合成したものからできているものは避けたいと思っています。

 

私にとっての理想の化粧品は、とにかく安心して使えるもの。人間が食べても害がないもの。この自然界に存在するものです。

 

ニキビに合う化粧品

 

冬になってくるとお肌の乾燥が目立ちます。

 

乾燥はニキビの原因となりですので、それに合った化粧品を選びましょう。

 

私は冬になると肌の乾燥のため、鼻の皮がめくれていたこともありました。

 

化粧水をたっぷりつけた後に化粧下地をします。

 

乳液は逆にべたつきが気になるため、朝は使用していませんでした。

 

しかし、最近読んだ雑誌で「乳液は、化粧下地のノリをよくしたり、保湿を保つという点で付けたほうが良い」と目にしました。

 

今までつけていなかったのですが、乳液をつけることにより、確かに化粧の後でも、肌がもちもちと保たれているような気がします。

 

夏はべたつきや汗で、化粧がはげかけていましたが、冬は粉がふかないように、しっとりとした化粧下地を使いたいです。

 

その上からファンデーションをすると、どうしても乾燥したような肌になってしまうため、薄付きのものがいいですね。

 

筆で、ファンデーションを少量とり、撫でるようにつけると、ファンデーションを付けてもしっとり、しかしサラっとした気持ちの良い肌になります。

 

冬に向けて、乾燥には注意していきたいものです。