理想の化粧品

私は化粧品選びに対してはとても慎重です。なぜなら、昔、化粧品でかぶれたことがあるからです。美しくなるための化粧品で、自分が醜くなるとは!とても悔しく、一体この化粧品は何でできているのかと疑念を抱きました。わたしがかなりの敏感肌なのかもしれませんが、ショックでした。

 

それからというもの私は、安心、安全な化粧品を探し求め続けました。すると、社長が最終的に仕上がった化粧品を飲んで安全を確認しているというメーカーに出会いました。もちろん天然由来成分でつくっており、無添加です。安心して顔にぬれて、しかも赤ちゃんがなめても安心というのが嬉かったです。

 

そのほかにも、ドイツのメーカーにおしゃれなデザインで、かつ安全なメーカーも見つけました。

 

オルビスのキャンペーンはこちらです。

 

また、アロマの精油入りの化粧品にもひかれます。やはり、自然界にあるものは昔から人間がずっと接してきたものなので安心です。石油や化学合成したものからできているものは避けたいと思っています。

 

私にとっての理想の化粧品は、とにかく安心して使えるもの。人間が食べても害がないもの。この自然界に存在するものです。

 

肌荒れは、食べ物が関係する

ニキビ、それは毛穴にゴミや肌の古い細胞がたまることによって、毛穴が呼吸できなくなり、炎症を起こすことです。

 

私はこのニキビができるたびに、自分の洗顔が不十分だからだと思っていました。
そして、その度にしっかり洗顔をしていたのです。

 

でも思うように、ニキビは治りません。できては治り、できては治りの繰り返しです。結局、いつまで経っても、スッキリ治らないのです。

 

そんなある時、こんなに洗っても治らないなら、私の洗い方ではない。
食べ物によってニキビにつながっているのではないかと気づいたのです。

 

そして、食べたものについてのメモをつけるようになりました。
すると、豚肉を食べた翌日にはニキビができやすいことがわかったのです。

 

揚げ物などもニキビにつながりやすいイメージがあったのですが、豚肉を食べた翌日の方が、よくできていました。

 

そこで、豚肉を食べないようにしました。
あと、お味噌汁を食べた翌日はニキビができにくいことがわかりました。

 

味噌には、ニキビを予防する作用があるのでしょうか。
なので、毎日私はニキビ予防にお味噌汁を食べ流用にしています。

ニキビに合う化粧品

私にとってオルビスのクリアローションとは、なくてはならない必需品の一つです。

 

化粧をすると、気分が良くなったりやる気が上がったりします。特に化粧が上手に出来た日は、幸せな気分を味わう事ができ、精神的にも安定します。

 

私は以前、今まで使用していた化粧水や乳液が突然合わなくなり、ファンデーションなども使用出来なくなる程、湿疹や痒みによる肌トラブルを起こした経験があります。そのトラブルをきっかけに、お肌に優しく低刺激のタイプの化粧品を選ぶように、心掛けるようになりました。クレンジングや洗顔フォームでは、香りがないですが無添加の商品を使用し、洗顔後の化粧水や乳液は病院の主治医に勧められた商品を使用しています。

 

また、毎日に化粧でも出来るだけお肌に優しく紫外線から守ってくれる化粧品を選ぶようにしています。化粧品の中でも、ファンデーションは顔の赤みをカバーしてくれる作用もあるので、外に出掛ける際には欠かしません。

 

化粧品や美肌サプリとは、自分に合った商品と巡り合うことが大切です。